【節電ブログ】電気を作るためにオススメな商品と家電を動かす実験!【目標】太陽光発電と蓄電池を自作設置/電気代0円!
【太陽光発電の自作】始めるために必要な器機と工具
質問者

太陽光発電を始める部品を購入しました✨ソーラーパネル/バッテリー/チャージコントローラーを繋ぐ、接続方法と配線の作り方がわかりません!教えてくれませんか?

マッキー

太陽光発電を始める器機を買い揃えたのですね!おめでとうございます✨接続方法や配線作りは、手順を守って行えば、1時間で終わる簡単作業だよ!教える前に簡単な自己紹介をするね♪

サイドバーにある他のサイトを読んでくれた方は知っての通り、令和元年5月から「廃墟寸前な新居生活」をしています。毎日日記や色んな趣味を投稿、興味あればご覧ください!
SNS

ブログ3本(雑記/特化/日記)

マッキー
今回は【太陽光発電を自作する】ソーラーパネル接続方法と配線作り!小さな発電所の作り方についてお伝えします!この記事で分かること、記事内容を先に読んでね♪
この記事で分かること

  • 太陽光発電を自作で始められる
  • ソーラーパネル/バッテリー/チャージコントローラー(配線作り/接続方法)

この記事を読んでもらいたい人

  • 太陽光発電を自作で設置したい
  • 太陽光発電に必要な部品の繋ぎ方がわからない

記事内容

  1. 【ソーラーパネル接続方法】チャージコントローラーと接続するまでの作業
  2. 【ソーラーパネル接続方法】チャージコントローラーとバッテリー接続までの作業
  3. 【太陽光発電を自作】小さな発電所を組み上げるまでの作業
  4. まとめ:【太陽光発電を自作する】ソーラーパネル接続方法と配線作り!小さな発電所の作り方

関連記事

  1. ソーラーパネル自作架台を作ろう♪
  2. 正弦波インバーター取付と動かす家電
  3. オススメの蓄電池/バッテリー
マッキー
まずは、太陽光発電に必要な部品や工具を書き出すから、足りない物は準備してね♪
最初にお伝えします!サーキットブレーカー接続後、通電不良のためMC4インラインヒューズに変更しています

小さな発電所を作るために必要な物(手持ち最小限の構成で考えました)

工具

・圧着ペンチ
・ペンチ
・精密ドライバー
・テスター
・番線カッター
・メガネレンチ
・スケール(メジャー)

部品

ソーラーパネル(100W ECO-WORTHY)

マッキー
写真のソーラーパネル販売終了!RENOGYをリンク貼っておきます✨

MPPTチャージコントローラー(MAX30Aまで対応)

質問者
低価格のチャージコントローラーでも、発電管理できますか?
Name
意外と優秀だよ♪太陽光発電を始めるなら、最初はこれで十分✨後程ソーラーパネルを増やすなら、最初から良い部品を選んでね♪

バッテリー


リン酸鉄リチウムイオンバッテリー
メリット:軽量・長時間・長期間・BMS搭載・安全性が高い
デメリット:高価・(画像の商品には温度センサーが搭載されてない、低温な場所で充放電しない事)
マッキー
今回は軽自動車用のバッテリー(40B19L)を使って説明するね♪

細かい部品

・バッテリーターミナル
・MC4インラインヒューズ(MAX30Aまで対応)
・MC4逆流防止ダイオード
・MC4コネクター(プラス端子×3本/マイナス端子×3本)
・丸形端子×2本(R8-8)
・昭和電線(SJ6WB)3.5SQ黒
マッキー
他にも太陽光発電で使う部品/工具あれば、参考にしてね♪
がんばれ!元お父さん 廃墟寸前な新居生活

「太陽光発電の自作に必要な部品はどこで買えますか?」Amazonと楽天市場を使えば全部揃います!そんな便利なネット通販、…

【自作】太陽光発電と蓄電池を設置!節電専門ブログ

【太陽光発電の自作に必要な物】Amazonと楽天市場!買ってよかった商品を書きました✨実際使っている「安くて便利な物」を…

質問者
足りない工具や部品が色々あった💦準備する物が多いですね!
マッキー
そうです!1度揃えちゃえば使いまわせる物多いから、揃え忘れた物がないかチェックしましょう。それでは、メイン部品を紹介しながら本題に入ります!

ECO-WORTHY 100Wソーラーパネル

ECO-WORTHY 100Wソーラーパネル
ECO-WORTHY 100Wソーラーパネル
ECO-WORTHY 空箱
梱包段ボール、何が入ってるか一目でわかります
ECO-WORTHY ソーラーパネル裏 仕様表
ECO-WORTHY 100Wソーラーパネル裏(仕様表)
ECO-WORTHY 説明書(英語表記)
ECO-WORTHY 100Wソーラーパネル説明書
ECO-WORTHY 配線約90cm
ソーラーパネルの配線は90cm
ソーラーパネル注意書き
ソーラーパネル ダイオード

Galapara MPPT チャージコントローラー

MPPT チャージコントローラー
手元に残っている、Galapara MPPT チャージコントローラー30Aを使用
MPPTチャージコントローラー 配線差し込み部
配線を挟み込む部分はとても小さい、5.5SQまで対応でしょうか
MPPTチャージコントローラー仕様表
今回は100W ソーラーパネル1枚、動作範囲は気にしない
目次

【ソーラーパネル接続方法】チャージコントローラーと接続するまでの作業

まずは、MC4コネクターの注意事項を確認して作業を進めます!

注意事項

ソーラーパネル裏側プラス端子を覗いてください!MC4コネクターはオス、内部の金属はメスになっています

ソーラーパネルプラス側(受けメス端子)

次はソーラーパネル裏側マイナス端子を覗きましょう。MC4コネクターはメス、内部の金属はオスになっています。MC4コネクターを作る際、内部の金属が凸凸/凹凹で噛み合わないように注意※これ覚えててね!

ソーラーパネルマイナス端子(受けオス端子)

【ソーラーパネル接続方法】チャージコントローラー側の作業

チャージコントローラーの配線作りはプラス側とマイナス側が有り、プラス側には「MC4インラインフューズとMC4逆流防止ダイオード」を取付けます。それでは、配線作り開始です!

【配線作り】チャージコントローラー「プラス側MC4コネクター」

昭和電線 3.5SQ黒ケーブル
設置場所を考え配線の長さを決め、番線カッターで切断します
昭和電線 3.5SQ 先端1cm被膜剥がし

切断した配線の先端、1cmペンチで剥ぎます。MC4コネクター受け部品を先に通します

MC4コネクター(プラス端子作成)
MC4コネクター金属部分「オス」をペンチまたは圧着ペンチで圧着します
昭和電線とMC4コネクター接続
MC4メス本体部分を金属オスに被せ、手ごたえがあるまで差し込みます
昭和電線とMC4コネクター接続完成
水色の防水カバーをMC4コネクター側の隙間に入れ、MC4コネクター受け部品を本体と締め込み完成です
MC4コネクターインラインヒューズ接続
ソーラーパネルMC4とインラインフューズ接続
ソーラーパネルプラス側MC4コネクター、手作りしたMC4コネクターの間にインラインヒューズを挿し込みチャージコントローラープラス側の完成
マッキー
ソーラーパネルの説明で書いてあるけど、安全性をより高めるため「MC4逆流防止ダイオード」をソーラーパネル側プラスに入れましょう!(ソーラーパネル紹介の画像に水色のペンで囲っておくね♪

【配線作り】チャージコントローラー「マイナス側MC4コネクター」

手順は一緒になりますが、使う部品が変わります。マイナス側にMC4インラインヒューズは使いません!

昭和電線 3.5SQ黒ケーブル
設置場所を考え配線の長さを決め、番線カッターで切断します
昭和電線 3.5SQ 先端1cm被膜剥がし

切断した配線の先端、1cmペンチで剥ぎます。MC4コネクター受け部品を先に通します

ソーラーパネルMC4コネクター作成(マイナス側)
MC4コネクター金属部分「メス」をペンチまたは圧着ペンチで圧着します
ソーラーパネルMC4コネクター作成(マイナス側)
MC4オス本体部分を金属メスに被せ、手ごたえがあるまで差し込みます
ソーラーパネルMC4コネクター作成(マイナス側)完成
ソーラーパネルMC4と接続
水色の防水カバーをMC4コネクター側の隙間に入れ、MC4コネクター受け部品を本体と締め込みチャージコントローラーマイナス側完成です

ソーラーパネルとチャージコントローラーを接続「プラス側ケーブル」

先ほど作ったMC4コネクター配線、先端被膜をペンチで1cm剥がします

昭和電線 3.5SQ黒ケーブル
プラス側ケーブル
昭和電線 3.5SQ黒ケーブル
マイナス側ケーブル

MPPTチャージコントローラー接続部分

左側:「ソーラーパネル配線差し込み プラス/マイナス」

中央:「バッテリー配線接続口 プラス/マイナス」

右側:「Load配線接続口 プラス/マイナス」

今回は左側「ソーラーパネル配線接続口 プラス」へ剥がした配線を接続します

精密プラスドライバーを使いチャージコントローラー正面、ソーラーパネルプラス表示ネジ部分を左回しに開きます!先程剥がした配線の先端が奥まで入ったらネジを右回し、挟み込みながら締め付け完成(軽く引っ張っても取れないように注意)

チャージコントローラープラス側接続

ソーラーパネルとチャージコントローラーを接続「マイナス側ケーブル」

左側:「ソーラーパネル配線差し込み プラス/マイナス」

中央:「バッテリー配線接続口 プラス/マイナス」

右側:「Load配線接続口 プラス/マイナス」

今回は左側「ソーラーパネル配線接続口 マイナス」へ剥がした配線を接続します

配線接続はプラス側ケーブル同じです!精密プラスドライバーを使いチャージコントローラー正面、ソーラーパネルマイナス表示ネジ部分を左回しに開きます!先程剥がした配線の先端が奥まで入ったらネジを右回し、挟み込みながら締め付け完成(軽く引っ張っても取れないように注意)

ソーラーパネル裏側、チャージコントローラー接続

 

マッキー
サーキットブレーカーがMC4インラインヒューズだと思ってね♪これで、ソーラーパネルとチャージコントローラーの接続は完成です✨

ソーラーパネルとチャージコントローラーを繋ぎましたが、外に持ち出すまでMC4コネクターを外します。接続順番があり最終的な組み立ては発電場所で作業します

【ソーラーパネル接続方法】チャージコントローラーとバッテリー接続までの作業

使用バッテリー40B19L/容量率28Ah(5時間)

40B19L 良好サイン

インジケーターは青です!使えるバッテリーを準備します

40B19L 12.6V良好
テスターによる計測は12.6V、まだまだ元気です

【ソーラーパネル接続方法】バッテリー側の作業

バッテリーとチャージコントローラーを繋ぐ配線を作り、チャージコントローラーと接続する方法についてお伝えします

【配線作り】バッテリー「プラス側丸形端子」

マッキー
丸形端子の反対側はMC4コネクターを使うよ!【配線作り】チャージコントローラー「プラス側MC4コネクター」を参考にしてね♪
昭和電線 3.5SQ黒ケーブル

設置場所を考え配線の長さを決め、番線カッターで切断する

丸形端子 8R-8

切断した配線の先端を1cmペンチで剥ぎ、丸形端子(R8-8)を写真のようにリングへ通す

丸形端子圧着
圧着ペンチでカシメます
丸形端子 絶縁テープ保護
絶縁保護は程良いカバーが無いため、絶縁テープを使用

【配線作り】バッテリー「マイナス側丸形端子」 

丸形端子、反対側はMC4コネクターを使います。【配線作り】バッテリー「プラス側丸形端子」・【配線作り】チャージコントローラー「マイナス側MC4コネクター」を参考にしてね♪を参考にしましょう

バッテリーとチャージコントローラーを接続「プラス側/マイナス側ケーブル」

先ほど作った丸形端子配線、先端被膜をペンチで1cm剥がします

昭和電線 3.5SQ黒ケーブル
プラス側ケーブル
昭和電線 3.5SQ黒ケーブル
マイナス側ケーブル

MPPTチャージコントローラー接続部分

左側「ソーラーパネル配線差し込み プラス/マイナス」

中央「バッテリー配線接続口 プラス/マイナス」

右側「Load配線接続口 プラス/マイナス」

今回は中央「バッテリー配線接続口 プラス」へ配線接続します

マッキー
ソーラーパネルとチャージコントローラーを接続「プラス側/マイナス側ケーブル」を参考にして作業してね♪
チャージコントローラーへソーラーパネルバッテリー3.5SQ線配線接続完了
ソーラーパネル配線とバッテリー配線をチャージコントローラーへ接続できました!

チャージコントローラーとソーラーパネル接続

マッキー
水色の囲いがMC4コネクターだと思ってね♪
ソーラーパネルとバッテリー配線をチャージコントローラーへ繋ぎましたが、外に持ち出すまでMC4コネクターを外します。接続順番があり最終的な組み立ては発電場所で作業します※重要なので2度伝えます

バッテリーターミナル取り付け

メガネレンチ10番を使用して、バッテリーターミナルを取付ます!

メガネレンチ10ミリ
バッテリーのプラス端子とマイナス端子をメガネレンチで触れないように(ショート注意)
バッテリーターミナルプラス側締め
バッテリープラス側へターミナルを取り付け10番のメガネレンチで締めます
バッテリーターミナルマイナス側締め
マイナス側も同様に締めます
バッテリーターミナル取り付け完成
バッテリーターミナル取り付け完成

【太陽光発電を自作】小さな発電所を組み上げるまでの作業

太陽光発電に使う最低限の材料

もう少しで【自作】太陽光発電の完成✨後は発電場所へ運び組み立て、太陽光発電を始めるだけです。ソーラーパネルとチャージコントローラーのMC4コネクターを外してますか?バッテリーにターミナル以外付いてないですか?

マッキー
問題なければソーラーパネル/チャージコントローラー/バッテリーを発電場所へ持ち出しましょう
外に置いた温度計45℃
時間は正午過ぎ温度は45.6℃(コンクリート直上なので高温です💦)
マッキー
ちょっとした豆知識!発電量が高い時間は午前10時~午後3時が良いと個人的に感じており、発電に適した温度は25℃が理想になります。それでは、接続順番をお伝えします。実際に太陽光発電を組み上げてみましょう!(外す順番も一緒にお伝えします)

太陽光発電の接続順番!(間違えたら器機破損の原因になる

  1. バッテリープラス側とチャージコントローラープラス側MC4コネクターを接続
  2. バッテリーマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを接続
  3. チャージコントローラーの電源ONを確認しましょう!(モニター式は表示されたか確認)
  4. ソーラーパネルプラス側とチャージコントローラープラス側MC4コネクターを接続
  5. ソーラーパネルマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを接続

バッテリーとチャージコントローラーを先に接続、チャージコントローラーにバッテリー状態を表示させてからソーラーパネルを接続します。ソーラーパネルとチャージコントローラーを先に繋げると故障の原因になります

太陽光発電を外す順番!(間違えたら器機破損の原因になる

  1. ソーラーパネルマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを外す
  2. ソーラーパネルプラスとチャージコントローラープラスMC4コネクターを外す
  3. チャージコントローラーの電源OFFを確認しましょう!(モニター式は表示されたか確認)
  4. バッテリーマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを外す
  5. バッテリープラス側とチャージコントローラープラス側MC4コネクターを外す
  • 接続の順番:チャージコントローラーを中心と考え、バッテリーから先に接続!
  • 外す順番:チャージコントローラーを中心と考え、ソーラーパネルから先に外す!

要点をまとめると、接続した順番の逆順番で外しましょう!(何度もしつこいですが、とても重要です)

マッキー
重要なので何度も伝えました!最後に写真付きで太陽光発電を組み上げてみましょう♪

【小さな発電所の作り方】チャージコントローラーとバッテリー接続

バッテリープラス端子に丸形端子接続
チャージコントローラープラス側とバッテリープラス側、丸形端子を接続(取付)
バッテリーマイナスへ丸形端子接続
チャージコントローラーマイナス側とバッテリーマイナス丸形端子を接続(取付)
バッテリー接続チャージコントローター作動
バッテリープラス側、MC4インラインヒューズを接続しチャージコントローラー画面表示したら完成です✨

サーキットブレーカーがうまく機能しないため、インラインヒューズに変更した画像

チャージコントローラーインラインヒューズに変更

【小さな発電所の作り方】チャージコントローラーとソーラーパネル接続

先にソーラーパネルの発電テストを簡単に終わらせ、チャージコントローラーと接続をします

テスターを使いソーラーパネル発電チェック
ソーラーパネル発電テスト!問題なく19.6V発電している
ソーラーパネル平置き

ソーラーパネルプラス側とチャージコントローラープラス側のMC4コネクターを接続します。ソーラーパネルマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを接続して完成です✨

以上、【太陽光発電を自作する】ソーラーパネル接続方法と配線作り!小さな発電所の作り方になります

質問者
とても素人には作業量が多くて…大変でした💦【太陽光発電を自作】出来て嬉しいです✨
マッキー
お疲れ様でした!【自作】太陽光発電これから楽しんでね♪それでは、発電量を少し見て今回の記事をまとめます

まとめ:【太陽光発電を自作する】ソーラーパネル接続方法と配線作り!小さな発電所の作り方

ソーラーパネルとチャージコントローラー接続 太陽光発電開始
本日の天気は曇り晴れ13.1V~14.2V発電
本日一番低い電流0.9A発電
0.9A~4.0A発電(10W~50W)
日差しがソーラーパネルへ差す14.2V発電
ソーラーパネルの角度を南向きへ合わせれば、まだ発電します

100Wソーラーパネル1枚ですが、ノートパソコンや扇風機を動かせる発電が可能です(直流12Vから交流100V変換するインバーターが必要)

【ソーラーパネル】配線作り

  1. ソーラーパネルプラス側/マイナス側MC4コネクターを覗いて、内部の金属が凸凸/凹凹で噛み合わないように注意!
  2. 配線の長さを決め切断、MC4コネクターを作ります
  3. プラス側にインラインフューズ、MC4逆流防止ダイオードを入れ接続しましょう
  4. 外に持ち出すまでMC4コネクターを外す

【ソーラーパネル・チャージコントローラー】接続方法

  1. チャージコントローラー正面、「ソーラーパネルマーク、差し込み口プラス/マイナス」に配線を接続
  2. ソーラーパネル側で作った配線、反対側の被膜を1cm剥ぎます
  3. 剥がした配線の先端を奥まで入ったら、ネジを右回し挟み込みながら締め付け(軽く引っ張っても取れないように注意)

【バッテリー】 配線作り

  1. 配線の長さを決め切断
  2. 切断した配線の先端を1cmペンチで剥ぎます
  3. 丸形端子(R8-8)を通し圧着、絶縁保護をする
  4. バッテリープラス側にMC4インラインヒューズを接続する(MC4コネクター作り)
  5. 外に持ち出すまでMC4コネクターを外す

【バッテリー・チャージコントローラー】接続方法

  1. チャージコントローラー正面、「バッテリーマーク、差し込み口プラス/マイナス」に配線を接続
  2. バッテリー側で作った配線、反対側の被膜を1cm剥ぎます
  3. 剥がした配線の先端を奥まで入ったら、ネジを右回し挟み込みながら締め付け(軽く引っ張っても取れないように注意)

バッテリーターミナル取り付け

  1. メガネレンチの10番使用
  2. バッテリープラス側へターミナルを取り付け10番のメガネレンチで締める。マイナス側も同様に締めます

野外へ持ち出し、太陽光発電を接続(組み上げる)

接続順番を必ず守りましょう!(念のため外す順番も書きます)

太陽光発電の接続順番!(間違えたら器機破損の原因になる

  1. バッテリープラス側とチャージコントローラープラス側MC4コネクターを接続
  2. バッテリーマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを接続
  3. チャージコントローラーの電源ONを確認しましょう!(モニター式は表示されたか確認)
  4. ソーラーパネルプラス側とチャージコントローラープラス側MC4コネクターを接続
  5. ソーラーパネルマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを接続

バッテリーとチャージコントローラーを先に接続、チャージコントローラーにバッテリー状態を表示させてからソーラーパネルを接続します。ソーラーパネルとチャージコントローラーを先に繋げると故障の原因になります

太陽光発電を外す順番!(間違えたら器機破損の原因になる

  1. ソーラーパネルマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを外す
  2. ソーラーパネルプラスとチャージコントローラープラスMC4コネクターを外す
  3. チャージコントローラーの電源OFFを確認しましょう!(モニター式は表示されたか確認)
  4. バッテリーマイナス側とチャージコントローラーマイナス側MC4コネクターを外す
  5. バッテリープラス側とチャージコントローラープラス側MC4コネクターを外す
  • 接続の順番:チャージコントローラーを中心と考え、バッテリーから先に接続!
  • 外す順番:チャージコントローラーを中心と考え、ソーラーパネルから先に外す!

要点をまとめると、接続した順番の逆順番で外しましょう!(何度もしつこいですが、とても重要です)

【小さな発電所の作り方】チャージコントローラーとバッテリーを接続

  1. チャージコントローラープラスMC4コネクターとバッテリー丸形端子、反対側MC4コネクターを接続
  2. チャージコントローラーマイナスMC4コネクターとバッテリー丸形端子、反対側MC4コネクターを接続
  3. チャージコントローラーの電源ON(画面が表示されたらOK)

【小さな発電所の作り方】チャージコントローラーとソーラーパネル接続

  1. ソーラーパネルとチャージコントローラーMC4コネクタープラスを接続
  2. ソーラーパネルとチャージコントローラーMC4コネクターマイナスを接続して完成です

以上が記事のまとめでした。長い文章、お付き合いありがとうございます!楽しい太陽光発電を始めましょう✨

マッキー

他にも太陽光発電について色々な記事を書いています。興味湧いてきたら、是非読んでね♪

【自作】太陽光発電と蓄電池を設置!節電専門ブログ

【自作】太陽光発電システム、家庭の電気代を安くするためソーラーパネル/蓄電池/チャージコントローラー/インバーター紹介と…

がんばれ!元お父さん 廃墟寸前な新居生活

ソーラーパネル・蓄電池を俺が設置してみた 電気を自作するお話…

【自作】太陽光発電のある貧乏生活

おしまい

Name

ここから下は過去記事です!参考にしないでね♪

こんにちはマッキーです(^^♪

みなさんは太陽光発電を専門業者が取り付けるとばかり思っていませんか?実は一般の方でも太陽光発電システムを自作することが出来ます。難しそうに見える太陽光発電システムですが、マッキーでも勉強したら出来ました

ソーラーパネルを数十枚揃えるのではなく、一枚から出来る小さな太陽光発電システムから始めると良いでしょう

太陽光発電システムを自作で始める方へ
大切なことは「接続方法」を覚え、太陽光発電の「知識」を豊富にすること

マッキーの場合、第二種電気工事資格が必要ない30V未満で太陽光発電システムを組んでいます。室内配線は資格所有者と一緒に設置しました


今回は自作太陽光発電システムに最低限必要な工具部品の準備と配線接続方法についてお伝えします
これから太陽光発電を自作で組み上げる方へ揃える工具部品と配線接続方法の参考になれば嬉しいです
記事内容
  • 【自作】太陽光発電に必要な工具と部品の準備
  • 工具
  • 部品
配線接続方法
  • ソーラーパネルとチャージコントローラー配線接続
  • ソーラーパネル側(プラス/マイナス)
  • チャージコントローラー側(プラス/マイナス)
  • バッテリー配線加工(プラス/マイナス)
  • チャージコントローラー側バッテリー配線
  • バッテリーターミナル取付
【自作】太陽光発電の始め方
  • チャージコントローラーとバッテリー接続
  • チャージコントローラーとソーラーパネル接続(完成)

まとめ


【自作】太陽光発電に必要な工具と部品の準備

工具

ペンチ
番線カッター
圧着ペンチ
精密ドライバー
スケール(メジャー)

部品

ソーラーパネル(100W ECO-WORTHY)
MPPTチャージコントローラー(30A対応)
バッテリーターミナル
バッテリー(40B19L)
MC4コレクター(プラス・マイナス×2本ずつ)
MC4インラインヒューズ(今回は30A使用)
丸形端子×2本(R8-8)
昭和電線3.5SQ黒
他にも太陽光発電を自作で使う工具部品を記事にしています。ご参考にしてください

がんばれ!元お父さん 廃墟寸前な新居生活

「太陽光発電の自作に必要な部品はどこで買えますか?」Amazonと楽天市場を使えば全部揃います!そんな便利なネット通販、…


配線接続方法

それでは工具部品が揃いましたので配線接続方法をお伝えします

サーキットブレーカーを写真にしていますが配線後通電不良のためMC4インラインヒューズに変更しています

ソーラーパネルとチャージコントローラー配線接続

注意事項

ソーラーパネル裏側プラス端子を覗いて下さい。MC4コネクターはオス、内部の金属はメス

次はソーラーパネル裏側マイナス端子を覗いて下さい。MC4コネクターはメス、内部の金属はオスMC4コネクターを作る際、内部の金属が凸凸/凹凹で噛み合わないように注意

 

  ソーラーパネル側(プラス)

配線の長さを決めて番線カッターで切断

昭和電線 3.5SQ黒ケーブル

切断した配線の先端を1cmペンチで剥ぎMC4コネクター受け部品を先に通す

MC4コネクター金属部分オスをペンチまたは圧着ペンチで圧着

MC4コネクター(プラス端子作成)

MC4メス本体部分に金属オスを手ごたえがあるまで差し込む

昭和電線とMC4コネクター接続

水色の防水カバーをMC4コネクター側の隙間にキレイに入れMC4コネクター受け部品を本体と締め込み

昭和電線とMC4コネクター接続完成

ソーラーパネルプラス側MC4コネクターと手作りしたMC4コネクターの間にインラインヒューズを挿し込みソーラーパネルプラス側の完成

MC4コネクターインラインヒューズ接続

 ソーラーパネル側(マイナス)

手順はプラス側と一緒になり使う部品はMC4マイナスコネクターに変わります

マイナス側にMC4インラインヒューズは使いません

設置場所を考え配線の長さを決めて番線カッターで切断

昭和電線 3.5SQ黒ケーブル

切断した配線の先端を1cmペンチで剥ぎMC4コネクター受け部品を先に通す

MC4コネクター金属部分メスをペンチまたは圧着ペンチで圧着

ソーラーパネルMC4コネクター作成(マイナス側)

MC4メス本体部分に金属オスを手ごたえがあるまで差し込み

ソーラーパネルMC4コネクター作成(マイナス側)

水色の防水カバーをMC4コネクター側の隙間にキレイに入れMC4コネクター受け部品を本体と締め込み完成

ソーラーパネルMC4コネクター作成(マイナス側)完成

チャージコントローラー側ソーラーパネル配線

MC4コネクターを2本延長させた先端の被膜をペンチで1cm剥がす

MPPTチャージコントローラー接続部分

左側「ソーラーパネル配線差し込み プラス/マイナス」

中央「バッテリー配線接続口 プラス/マイナス」

右側「Load配線接続口 プラス/マイナス」

今回はチャージコントローラー左側「ソーラーパネル接続口 プラス/マイナス」へ配線

 チャージコントローラー側(プラス)

精密ドライバープラスを使いチャージコントローラー正面ソーラーパネルプラス表示ネジ部分を左回しに開いて下さい

先程剥がした配線の先端を奥まで入れネジ右回し、挟み込みながら締め付け完成(引っ張って取れないように注意)

チャージコントローラープラス側接続

チャージコントローラー側(マイナス)

配線接続方法はチャージコントローラー配線接続(プラス側)と同じです。精密プラスドライバーを使いチャージコントローラー正面ソーラーパネルマイナス表示ネジ部分を左回しに開いてください

先程剥がした配線の先端が奥まで入ったらネジを右回し、挟み込みながら締め付け完成(引っ張っても取れないように注意)

ソーラーパネルとチャージコントローラー配線接続完了

サーキットブレーカーがインラインヒューズだと思って下さい

ソーラーパネルとチャージコントローラーを繋ぎましたが、外に持ち出すまでMC4コネクターを1度外して下さい。接続の順番があり最終的な組み立ては発電場所での作業になります

余った昭和電線3.5SQで配線したのでプラス/マイナスの長さは違います

今回は手持ちに無いのでお伝えできませんが安全性を高めるため「MC4逆流防止ダイオード」をソーラーパネル側プラスに入れて下さい

バッテリー配線加工プラス側(丸型端子付け)

設置場所を考え配線の長さを決めて番線カッターで切断

昭和電線 3.5SQ黒ケーブル

切断した配線の先端を1cmペンチで剥ぎ丸形端子(R8-8)へ通す

丸形端子 8R-8

圧着ペンチで圧着

丸形端子圧着

絶縁保護は程よいカバーが無いため絶縁テープを使用

丸形端子 絶縁テープ保護

バッテリープラス側にはMC4インラインヒューズを入れる。配線接続方法はソーラーパネル側配線接続をご覧下さい

バッテリープラス側MC4インラインヒューズ設置

バッテリー配線加工マイナス側(丸型端子付け)

マイナス側はMC4インラインヒューズ無し、作業工程はバッテリー配線加工プラス側(丸型端子付け)をご覧ください

チャージコントローラー側バッテリー配線

丸形端子反対側の配線被膜をペンチで1cm剥がします

MPPTチャージコントローラー接続部分

左側「ソーラーパネル配線差し込み プラス/マイナス」

中央「バッテリー配線接続口 プラス/マイナス」

右側「Load配線接続口 プラス/マイナス」

今回は中央「バッテリー配線接続口 プラス/マイナス」を使います。配線接続方法はチャージコントローラー側(プラス/マイナス)をご覧下さい

これで殆どの部品の配線接続は完成しました

チャージコントローラーへソーラーパネルバッテリー3.5SQ線配線接続完了

サーキットブレーカーがインラインヒューズだと思って下さい

ソーラーパネルバッテリー線チャージコントローラー配線全体写真

バッテリーターミナル取付

メガネレンチ10番を使います。バッテリーのプラス端子とマイナス端子をメガネレンチで触れないように(ショート注意)

メガネレンチ10ミリ

バッテリープラス側へターミナルを取り付け10番のメガネレンチで締める

バッテリーターミナルプラス側締め

マイナス側も同様に締める

バッテリーターミナルマイナス側締め

バッテリーターミナル取り付け完成

バッテリーターミナル取り付け完成


【自作】太陽光発電の始め方

ソーラーパネルとチャージコントローラーのMC4コネクターは外していますか?

バッテリーにバッテリーターミナル以外付いてないですか?問題なければ野外へ持ち出して下さい

外に置いた温度計45℃

温度計を野外へ持ってきました。時間は正午過ぎ温度はコンクリート直上45.6℃

太陽光発電に適した時間は午前10時~午後15時が個人的に良いと感じ太陽光発電に適した温度は25℃が理想になります

注意事項

バッテリーとチャージコントローラーを先に接続しチャージコントローラーにバッテリー状態を表示させてからソーラーパネルを接続し太陽光発電を始めて下さい。ソーラーパネルとチャージコントローラーを先に繋げると機器故障の原因になります

バッテリーとソーラーパネルをチャージコントローラーへ接続する際プラス側から接続をして下さい。バッテリーとソーラーパネルをチャージコントローラーから外す際マイナス側から外して下さい

チャージコントローラーとバッテリー接続

チャージコントローラープラス側の丸形端子をバッテリープラスターミナルへ接続

バッテリープラス端子に丸形端子接続

チャージコントローラーマイナス側の丸形端子をバッテリーマイナスターミナルへ接続

バッテリーマイナスへ丸形端子接続

バッテリー側MC4インラインヒューズを接続しチャージコントローラー画面表示したら完成

バッテリー接続チャージコントローター作動

チャージコントローラーインラインヒューズに変更

チャージコントローラーとソーラーパネル接続(完成)

ソーラーパネルMC4コネクタープラス(インラインヒューズ付き)をチャージコントローラーMC4コネクタープラスへ接続して下さい

ソーラーパネルMC4コネクターマイナスをチャージコントローラープMC4コネクターマイナスへ接続し完成

ソーラーパネル平置き

以上が【自作】太陽光発電の始め方 工具部品の準備と配線接続方法になります

ソーラーパネルとチャージコントローラー接続 太陽光発電開始

本日の天気は曇り晴れ13.1V~14.2V発電

日差しがソーラーパネルへ差す14.2V発電

0.9A~4.0A発電(11W~50W)ソーラーパネルの角度を南向きへ合わせればまだ発電します

3.1Aの電流でバッテリーへ充電

【自作】太陽光発電の始め方 工具部品の準備と配線接続方法まとめ

工具

ペンチ
番線カッター
圧着ペンチ
精密ドライバー
スケール(メジャー)

部品

ソーラーパネル(100W ECO-WORTHY)
MPPTチャージコントローラー(30A対応)
バッテリーターミナル
バッテリー(40B19L)
MC4コレクター(プラス・マイナス×2本ずつ)
MC4インラインヒューズ(今回は30A使用)
丸形端子×2本(R8-8)
昭和電線3.5SQ黒

配線接続方法

ソーラーパネルとチャージコントローラー配線接続

注意事項

MC4コネクターはオス、内部の金属はメス

MC4コネクターはメス、内部の金属はオスMC4コネクターを作る際、内部の金属が凸凸/凹凹で噛み合わないように注意

  ソーラーパネル側(プラス)

配線の長さを決めて番線カッターで切断

切断した配線の先端を1cmペンチで剥ぎMC4コネクター受け部品を先に通す

MC4コネクター金属部分オスをペンチまたは圧着ペンチで圧着

MC4メス本体部分に金属オスを手ごたえがあるまで差し込む

水色の防水カバーをMC4コネクター側の隙間にキレイに入れMC4コネクター受け部品を本体と締め込み

ソーラーパネルプラス側MC4コネクターと手作りしたMC4コネクターの間にインラインヒューズを挿し込みソーラーパネルプラス側の完成

ソーラーパネル側(マイナス)

手順はプラス側と一緒になり使う部品はMC4マイナスコネクターに変わります

マイナス側にMC4インラインヒューズは使いません

チャージコントローラー側ソーラーパネル配線

MC4コネクターを2本延長させた先端の被膜をペンチで1cm剥がす

今回はチャージコントローラー左側「ソーラーパネル接続口 プラス/マイナス」へ配線

 チャージコントローラー側(プラス)

ソーラーパネルプラス表示ネジ部分を左回しに開いて下さい

配線の先端を奥まで入れネジ右回し、挟み込みながら締め付け完成

チャージコントローラー側(マイナス)

配線接続方法はチャージコントローラー配線接続(プラス側)と同じです。正面ソーラーパネルマイナス表示ネジ部分を左回しに開いてください

配線の先端が奥まで入ったらネジを右回し、挟み込みながら締め付け完成

外に持ち出すまでMC4コネクターを1度外して下さい。接続の順番があり最終的な組み立ては発電場所での作業になります

安全性を高めるため「MC4逆流防止ダイオード」をソーラーパネル側プラスに入れて下さい

バッテリー配線加工プラス側(丸型端子付け)

設置場所を考え配線の長さを決めて番線カッターで切断

切断した配線の先端を1cmペンチで剥ぎ丸形端子(R8-8)へ通す

圧着ペンチで圧着

絶縁保護は程よいカバーが無いため絶縁テープを使用

バッテリープラス側にはMC4インラインヒューズを入れる。配線接続方法はソーラーパネル側配線接続をご覧下さい

バッテリー配線加工マイナス側(丸型端子付け)

マイナス側はMC4インラインヒューズ無し、作業工程はバッテリー配線加工プラス側(丸型端子付け)をご覧ください

チャージコントローラー側バッテリー配線

丸形端子反対側の配線被膜をペンチで1cm剥がします

今回は中央「バッテリー配線接続口 プラス/マイナス」を使います。配線接続方法はチャージコントローラー側(プラス/マイナス)をご覧下さい

バッテリーターミナル取付

バッテリーのプラス端子とマイナス端子をメガネレンチで触れないように(ショート注意)

バッテリープラス側へターミナルを取り付け10番のメガネレンチで締める

マイナス側も同様に締める

バッテリーターミナル取り付け完成

【自作】太陽光発電の始め方

注意事項

バッテリーとチャージコントローラーを先に接続しチャージコントローラーにバッテリー状態を表示させてからソーラーパネルを接続し太陽光発電を始めて下さい。ソーラーパネルとチャージコントローラーを先に繋げると機器故障の原因になります

バッテリーとソーラーパネルをチャージコントローラーへ接続する際プラス側から接続をして下さい。バッテリーとソーラーパネルをチャージコントローラーから外す際マイナス側から外して下さい

チャージコントローラーとバッテリー接続

チャージコントローラープラス側の丸形端子をバッテリープラスターミナルへ接続

チャージコントローラーマイナス側の丸形端子をバッテリーマイナスターミナルへ接続

バッテリー側MC4インラインヒューズを接続しチャージコントローラー画面表示したら完成

チャージコントローラーとソーラーパネル接続(完成)

ソーラーパネルMC4コネクタープラス(インラインヒューズ付き)をチャージコントローラーMC4コネクタープラスへ接続して下さい

ソーラーパネルMC4コネクターマイナスをチャージコントローラープMC4コネクターマイナスへ接続し完成

以上が【自作】太陽光発電の始め方 工具部品の準備と配線接続方法のまとめになります

注意事項を守れば太陽光発電の自作は簡単、小さなソーラー発電所を作って太陽光発電を楽しんでください

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村


太陽光発電ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

私のサイトは【THE THOR(ザ・トール)】を使用して記事を書いています

【太陽光発電の自作】始めるために必要な器機と工具
SNSフォロー
>太陽光発電に重要なのは【蓄電池】

太陽光発電に重要なのは【蓄電池】

お手頃廃バッテリーから長寿命バッテリーまで使ってみた

CTR IMG